日本茶・緑茶の種類

日本人にとって、もっとも馴染みのあるお茶の一つが緑茶です。
日本で生産されているお茶のほとんどは、緑茶です。

一口に緑茶と言っても、葉の部分で作るのか、茎で作るのか、炒るのか蒸すのかなど、栽培方法や摘採時期、製造工程などによって、様々な風味のお茶が出来上がります。

4月下旬から5月上旬が新茶の時期で、一番茶は最も美味しい日本茶と言われます。



煎茶

一般的な煎茶は、新茶(一番茶)の次に摘まれた二番茶。
茶葉は濃い緑色で、針のように細くよれています。

水色は(お茶を入れた時の色)澄んだ黄緑色です。

煎茶

番茶

京都の京番茶、徳島の阿波番茶(阿波晩茶)、岡山の美作番茶など、地方によって製法も飲み方も様々です。

一般的に水色は煎茶より薄く、軽い口当たりです。

日本茶 番茶がはいった茶碗

ほうじ茶

茶葉は大きさが揃っていて、色むらがないものが良いとされています。
水色は麦茶のような褐色です。

飲む前に自分で炒り直すと、香ばしさが増します。

ほうじ茶

玄米茶

玉露

抹茶

茎茶

芽茶

粉茶

パウダー茶

ハーブ・薬用植物の関連ページ/通販情報

のま果樹園