旬の野菜

旬の野菜は味が良いと言われていますが、栄養価も高いのです。
例えば、冬が旬のほうれん草ですが、冬の寒い環境下では、ゆっくりと時間をかけて育って良質な栄養分を蓄えます。

一方、夏の暑い時期にほうれん草を育てると、暑さに耐えるために水分をたくさん吸収するため、成長スピードが速くなります。
これらの栄養価を比較すると、2倍以上の栄養価の違いがあり、冬のほうれん草の方が栄養価が高くなります。

野菜にはそれぞれ旬があり、旬と異なる環境下で育てようとすると、本来の成長スピードとは異なる速さで成長します。
これにより、栄養分が蓄えられないなどの事態に陥り、栄養価が落ちてしまうことがあります。

このことから、旬の時期にとれた野菜を食べることは、栄養素を効率よくとるうえで重要だと言えるでしょう。

また、旬ではない時期に野菜を育てるには、農薬や化学肥料などを必要とすることがあるため、旬の時期の野菜の方が安心とも言えます。

旬の野菜は美味しくて栄養価が高いだけでなく、季節の変化を感じさせてくれます。

春野菜

早春から初夏にかけて収穫できる野菜。
厳寒期を越してきた野菜が多く甘くて美味しい。

  • 菜の花、コカブ、コマツナ、ホウレンソウ、ジャガイモ、エンドウ、ソラマメ、キャベツなど。

春野菜じゃがいも


夏野菜

初夏から晩夏にかけて収穫できる野菜。
この時期は実を食べる果菜類が多くなる。

  • トマト、キュウリ、ナスピーマン、ミニカボチャ、エダマメ、トウモロコシ、インゲン、オクラ、ニガウリ、スイカ、ゴボウなど。

夏野菜

秋・冬野菜

初秋から越冬して早春にかけて栽培できる野菜。
この時期は越冬させて収穫できるものが多い。

  • ホウレンソウ、コマツナ、ダイコン、ハクサイ、ブロッコリー、ニンジン、ネギ、サトイモ、コカブ、サツマイモなど。

ほうれん草


旬の野菜関連ページ/通販情報